猫屋の女将

猫好きの日々の出来事をUP!

ナラ枯れ木の確認と処理 と ねこねこ猫ベッド

 

12月3日(土)

冒険の森のボランティア活動に参加してきました

 

活動内容は以下の通りです

 ナラ枯れ木の確認と伐採

 チッパーを使った枝の処理

 

冒険の森は 落葉が進み地面は枯れ葉で埋もれていました

此処は殆どが落葉樹ですから、落葉して森が明るくなりました

 

以前に伐採した カシやナラなどのチッパーで粉砕します

樹の天辺の方の枝がモジャモジャと山の様に積まれてあります

 

片っ端からチッパーに投入、二の腕の太さくらいまでシュレッドできます

 

人力でチッパーに投入ですから、モジャモジャをチェーンソーで適当な長さに切り刻んでおきます。

 

 

途中から、チッパーによる枝の処理グループとは別に

ナラ枯れの木 の伐採も進めました

                    参考  👉   ナラ枯れ被害:林野庁

 ナラ枯れは、「ナラ菌」と呼ばれるカビの仲間の病原菌を、カシノナガキクイムシという昆虫が運ぶ伝染病です。カシノナガキクイムシの被害は「ナラ枯れ」と呼ばれます。

 

女将は久々の広葉樹の伐採になります

 

アララ、コレは健全な樹でした

1本目は、広葉樹の太さと高さを測って木の重量を算出するための伐採でした

こんな大して大きくもない樹でも高さが23mあったそうです

 

コレはナラ菌に汚染されたナラです

伐採した樹の断面 黄色い〇の所(黒く着色してます)がナラ菌に感染しています

 

此方は伐採した切り株の樹皮の方です

カシノナガキクイムシが侵入したとみられる穴が多数開いています

カシノナガキクイムシの活動期はこの穴から木屑が沢山出ているので分かり易いです

 

次に伐採した樹も感染しているナラです

此方の切り株も黒くなっていてナラ菌に汚染されているのが分かります

 

伐採したナラ菌に汚染された樹は、燃料として焼却されます。カシノナガキクイムシの幼虫も一緒に殺虫で来ます

 

また、カシノナガキクイムシの侵入を防ぐために粘着シートを巻いた樹もあります。

後日シートは処分(埋める)です

 

主に被害にあっているのは

 ミズナラ、カシワ、コナラ、クリ、シイ、カシなど所謂ドングリの木ですね

 

 

伐採を続けているうちに、枝の粉砕も終了しチップの山が出来ていました

 

気温が低く北風が冷たい日でしたが活動中は良い汗かいて気持ちよかったです

お疲れ様でした

 

 

ここの冒険の森は

所謂ドングリの木とサクラが沢山自生しています

突然ですがクイズです

どちらも皺くちゃですが ドングリの木はどちらでしょうか 

 

 

林床には日が入るようになって、この季節ですが芽生えが元気です

山が蘇ってきている証拠ですね

  

山椒(アヤシイ)         ドングリの木         柘植

 

 

 

 

12月に入って急に冬らしくなりました

陸山は、寒い日でも日が射していればリビングでゴローン

 

雨降りや曇りで日が射さない日は NEW猫ベッドでヌクヌクしています

 

 

陸山母さん、猫ベッド が変わりました

今まではMOZのソフトな感じの猫ベッドでしたが

NEW猫ベッドは、ピンクのゴツくて少し大きめの立方体です

 

陸山は新しい猫ベッドに納まっていますが

不思議な事に、今まで使っていたMOZのベッドはあんなにみんなが入りたがっていたのに誰も入らなくなりました。1回でも誰かがMOZのベッドに入ると陸山母さんはMOZのベッドに入らなくなっていたので、洗濯ばかりしていてMOZの猫ベッドの老朽化が心配で新しいベッドを購入したんですけどね。

現在入居者募集中のMOZのベッドでした

 

新しいピンクの猫ベッドはお掃除や洗濯しやすいんです

チャックを開ければ全面パカーッと開きますから

 

さいころの展開図ですね 黒いところが底面でクッションを敷いて使います

 

 

空き家があるのに入らないくまねこは専ら猫炬燵独占です

 

不思議ですね

陸山もサッサと新居に引っ越してしまうし

子供達もMOZのベッドが空き家になった途端誰も入らなくなるなんて 

猫の気持が分かりません ㄟ( ▔, ▔ )ㄏ

 

 

リビングはもはや人間の住む処ではなくなっています

冷暖房完備で 

神様と猫と寒がる植物が暮らしております。

その上日当たり良好です

更に、猫達は別部屋も使用自由なんですよ

良く考えると、もはやこの家は(っ °Д °;)っ ご想像にお任せします

 

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます

因みに ドングリの木は右側でした

 

ではまた@

        f

樹木観察会に付いていきました と ねこねこ紅葉

 

11月27日(日曜日)

市の街おこし協力隊となか自然の会の協賛で企画した

静・古徳古道の樹木観察会 にくっ付いていきました

 

くっ付いて行ったって何?って

会のメンバーなので参加人数外でビリから付いて行った という事です

 

 

集合場所は古徳沼の白鳥駐車場で

ミーティングをしてから出発です

 

配布された資料です 

 

何年もここで森林ボランティアやってますが

女将は、極度の方向音痴につき迷子予備軍です

 

早速出発して

先ずは古徳城址に登ります

ビリから付いていくと何を説明しているのかチンプンカンプンです 

仕方ないので

古徳城址からの景色などを眺めていました(夏は樹が茂っていて視界は悪いです)

 

城址を下りて谷津沿いの散策路を進みます

最近、谷津には太陽光発電が設置されました

 

左 山ウルシ カブレる人が多いそうです

右 ガマズミ 赤い実が綺麗でした

 

 

散策道の谷津側にイノシシの括り罠が仕掛けられていました

猟友会で毎年括り罠を仕掛けてイノシシの捕獲をしています

 

確か 葉の付き方の説明だった様な、よく覚えていません( ̄▽ ̄;)

 

小さい木で色々と説明していただきました

 

ドングリの木やケヤキなどが色付いていますが、常緑樹も多いです

 

谷津の反対側の土手に

もう直ぐクリスマスが近いからなのか(無関係ですね) モミノキの実生がありました

モミノキは葉先が二つに割れているそうです(カヤノキはソックリですが葉先は割れていません)

庭にモミノキ植えてイルミネーションで飾りたい気分ですが

このモミノキを掘っくり返してお持ち帰りするわけにもいかずですね(;´∀`)

 

此方小さいですが、立派な木です

ヤブコウジ十両)赤い実がなる縁起物です

 

因みに 

一両はアリドオシ、十両ヤブコウジ、百両がカラタチバナ、千両がセンリョウ

万両がマンリョウ、億両がツルシキミ だそうです

そんな話をしながら散策していました

 

既に落葉していますが

この散策道や冒険の森にはヤマザクラやウワミズザクラがあります

ヤマザクラよりウワミズザクラの方が数的に多いそうです

ヤマザクラ                 ウワミズザクラ(樹皮が白っぽい)

 

 間違ってないと思いますが、間違ってたらご指摘ください

 

此処で冒険の森(追分)で休憩です 10分も休憩しなかったような

 

ここからはヒノキ林・ロータリーの森に向います

 

暗いので林床にはシダが目立ちます

 

そして

私たちがヒノキを間伐しているエリアで、枯損木の伐採を見学です

 

その後

参加者にお土産にヒノキのおがくずをお持ち帰りしていただきました

 

暖かい日でちょうどハイキング日和でした

講師先生は「樹木について少し興味を持てましたか」と仰っていました。

樹木について学びながら、晩秋の古徳古道をゆっくりと散策し自然に浸ることが出来ました。皆さんお疲れ様でした。

 

 

最後に

残念ながら、多くはありませんがごみを回収してきました

もっと自然を大事に思って欲しいです

此処はあなたのゴミ箱では無いのですから ゴミを捨てるんじゃないヽ(`Д´)ノプンプン

 

 

 

 

 

もう紅葉も終わりに近づいてきました(近くの神社)

 

此処からは自宅の庭のモミジ

外に置いておく猫の水飲みです(野良猫用ではなく陸山家専用です)

 

モミジの中を散歩するくまねこ

 

ワサワサして歩きづらいな

 

蘭舎の上で

 

泰山木に登ってモット高い所に行こう

 

泰山木にドッコイショ

 

もう少し

 

登~頂~、ドヤ顔のくまねこ

 

 

母さんも登るから、未だ終わりじゃないってば

 

強制終~了~

陸山母さん、日暮は早いのよ

最後までお読みいただきましてありがとうございました

 

ではまた@

         f

海の健康診断 と コンパニオンプランツ・マリーゴールドの撤去

 

11月25日(金)

 の ワクチン接種&健康診断 に行って来ました

 

普段は活発に動き回ってる海も既に7歳半

昨夜はリビングが血祭りになりました

うっかりネズミを銜えた海をリビングに入れてしまったのでした

 

そんな海の健康診断どのような結果が出るのか気になっていました

 

眠っている所を襲われてケージに収納されてしまった海

そうでもしなければこの暴れ猫を予約制の病院に連れていく事は出来ません

 

ブースカブースカ(猫語ではニャオーニャオ―ニャオ―)ズーット文句言ってました

 

 

健康診断の結果です

なんと巨DEBUの空より悪い チョット信じられません

空の生活習慣はモノグサなオヤジそのモノなんですよ

海は良く食べて良く動き良く眠り、筋肉質のスリムな体形なのに  ウッソー

 

要注意項目は

なんと 

中性脂肪値(TG)が高かめ

・腹に虫を飼ってる マンソン裂頭条虫  

 

マンソンは爬虫類(ヘビ・トカゲ)両生類(カエル)だけでなくネズミを食べても感染するんですって。知らなかった、でも何で?(次回再度良く聞いてこよう)

ネットではミジンコの居る水を飲んでも感染の可能性はあるとか

春に食べたネズミ(中間宿主)からのマンソンが今寄生してるヤツだそうです

その上

今回駆除しても、またネズミを食べるだろうからまた寄生しますので駆除するか検討してくださいとの事でした 

定期的に駆除か、家飼い(行政からも広報誌を通じて指導があります)か選択を迫られますな。飼い主が駆除しない猫さんもいるそうです(それも選択肢だとか)

 

海は昨年受診時は体重4.2㎏でした。体重が減っているのと大食いがマンソンのせいかも知れないので、取り合えず今回は駆除していただいて

体重と喰いっぷりの様子を見てみようと思いました

腹の虫に食べさせているのかもしれませんからね

 

ワクチン接種後1週間経てばマンソン駆除が出来るので、来週予約を入れて来ました

 

 ※ 参考 マンソン裂頭条虫 ねこちゃんホンポから引用させていただきました                    

 

帰宅後は不機嫌で(当たり前です)すが、陽当たりで病院の香りを消したりゴロゴロしたりしていました

テレパスの空は、海が車に乗る前に「そう言えば用事があったので」とスッと外出してました

無事海が帰宅したので、様子見に出て来ましたが

頭に上がってる海に殴られてました

シャッターチャンス、数秒遅かった 

 

疲れたらしく夕方まで、塀の上でボンヤリしていました

海ちゃん お疲れ様でした

因みに女将の懐具合は、キャンペーン期間中なので大いにラッキーでした

    

 

 

 

 

その後 女将の菜園の片付けなどなど

女将の家にしては珍しく花が咲いていますが

このマリーゴールドを撤去しました

ネギが埋もれています

 

なんで

こんな所に マリーゴールド を植えたのか

・もう10年近く同じ場所で作ってるゴーヤの連作障害防止、

   ウリ科のゴーヤやナスと相性が良いコンパニオンプランツだから

 ゴーヤとネギも相性が良い その間の距離に余裕があると思ってしまった

 

そうです、コンパニオンプランツとして働いてもらいたかったからです

コンパニオンプランツとは、他の野菜と一緒に育てて双方によい影響を与える植物のことを言います。コンパニオンプランツは「共生植物」とも呼ばれ、ハーブ類が多いですがマリーゴールドコンパニオンプランツとして有名な植物です。相性の悪い野菜もあるので注意です。

 

参考

                   グリーンスナップから引用させていただきました

 

 

8月頃はこんな感じだったんですが

 

マリーゴールドを撤去したら

物理的にネギが破壊されていました

 

マリーゴールドがアフリカン種だったので私の背丈位大きくなって

毟っても毟ってもネギに覆い被さり

9月頃には諦めて放置

ネギはヘロヘロになっていました

 

根瘤センチュウや、飛来する害虫は遠ざけてくれましたが、こうなりました

駄菓子菓子

茄子は遅くまで収穫できるし

この日もゴーヤが収穫出来たし

茄子もゴーヤも遅くまで健全で収穫出来たのはマリーゴールドのお陰だと思います

 

痛めつけられたネギは追肥して、春に子株をたくさん出すようにしたいと思います

何しろ、下仁田ネギの赤い種類(こんな品種は無いと思いますが)なのです

絶やさない様に頑張らねば

 

そのご有効期限切れの猫草の種をまきました

まく時期も遅いんですが、どうなりますか

 

果たして発芽するかな




また

放置し根が出かかってしまったた球根も埋めました。どうなりますか興味深いです



菜園は冬仕様になりました

猫が引っかからない様に
ゴーヤの枯れたツルもネットも片付け予定です

 

女将の家で唯一咲き誇っていた

マリーゴールドアフリカントール

ずい分役に立ってくれたと思います

コンパニオンプランツとしてだけでなく

華やかの菜園を演出してくれました

ありがとう

春からは緑肥として先ずはクリムゾンクローバーが頑張ってくれるかな

  

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました

ではまた@

        f

伐採後の片付け と タマネギ定植、ねこねこ 

 

22日(火)

鷲神社の 伐採後の片付け に参加しました

11月12日(土)までに伐採した杉がゴロゴロなので

後始末です

 

11/12の時の様子です ↓

nekoyanookami.hatenablog.jp

 

鷲神社 未だ紅葉が綺麗で

23日の新嘗祭の準備なのか氏子の方々が境内の掃除などをしていました

 

 

写真でいうと

現場は鳥居の左奥になります

 

杉を倒しっ放しの森の中の現場は足の踏み場がありません

足の入る隙間もない

 

枝を切って退かしたり集めたりしながら玉切りを進めていきました

 

チェーンソー持って歩くたびに足を取られる

玉切りするのに屈もうとするとお尻が突っかかる

 

少しずつ片付いていきましたが ハッキリ言って疲れる

刃も切れなくなってくるし

玉切りは燃料の減りも早い

 

綺麗になって来るのは気持ちいい

達成感もある

 

駄菓子菓子

玉切りしたけど、重くて持ち上がらない

(-ω-;)ウーン 森の際までどうやって運ぶんだ

 

鳶で引っ張った方が楽と言う人もいますが ← 女将は腰が痛く成るんですよ

重くても持ち上げて運ぶ方が好きです

半分に割ったりして小さくして運ぶか

運搬機持って来ないと 無理っぽい かな

 

最近、やっと左右の刃の大きさを揃えられるようになって、ほゞ真っ直ぐ切れる様になってきました。一体何年かかって目立てが普通に出来るようになるんだと自分でも呆れ

未だ普通以下だな

 

払った枝などの処理はチッパー君が頑張ってくれてました



この日、都合によりお昼をいただいて午前中で帰宅しました

片付けはきっと終わらなかっただろう

また後日やるのかな

本当に疲労困憊した片付けでした

 

お土産にいただいた銀杏を皆で分けました(神社からのお土産ではないです)

      

 

 

 

 

 

11月18日に タマネギの定植  をしました

苗は昨年よりはマシかな、くらいのデキです

 

女将は定植する時に、タマネギの苗の根は切って仕舞います

定植したタマネギは新しい根が生えて根付くので、古い根は必要ないからです

 

古い根はあっても何ら差し支えありません

寧ろ、定植した苗の支えになるために古い根はあった方が楽かもしれません

好き好きでいいのかな

 

根を切って仕舞ってるので

夕方には定植したタマネギはクターッと倒れていました

 

 

数日後には、少し立ち上がってきたような気がしました

タマネギの様子が気になりますが

丈夫だから根付くでしょう

 

そんな女将の気も知らず

何で、マルチのアッチとコッチで向かい合うんだろ

 

 

 

 

タマネギを蹴散らさないで下さい、お願いします

 

女将の願いが届いたのか

草藪の方に場所を変えてワチャワチャしてました

 

そしてウザくなった海姉ちゃんから

指導が入っていました

 

陸山母さんは、子供たちが仲良しなので安心して昼寝です

     

 

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました

ではまた@

 

          f

市有林の整備・玉切りや伐採  ねこねこダンブラ~ン

 

11月19日(土)

市有林の整備 に参加してきました

 

作業内容は

 ・新しいモニタリング箇所の作成

 ・前回の伐採木の玉切りと集積

 ・新しいモニタリング箇所の間伐

 

早速前回のモニタリング箇所の片付け後に新規のモニタリング箇所を作ります

メジャーで測り杭を打ち 10m✖10m ⇒ 100㎡ をテープで囲み

 

間伐する樹にテープでハチマキをして

草ボーボーだったので、草刈りをして間伐できるように準備をしました

モニタリング箇所は2ヵ所作成し、2班に分かれて

100㎡ に 12本のヒノキを残すように伐採します

 

 

午前中の休憩時間までにモニタリング箇所が出来あがり

休憩後は前回間伐したヒノキの玉切りをしました

 

玉切りをして林道わき(左下)に積みます

 

この玉を一つずつ、斜面を転がして降ろしました

右丸の中は、ベテラン会員が新人会員の研修をしていました

 

ほゞ午前中で集積が終わり、お昼です

この積んだ玉は 燃料にするために後日福祉施設で回収に来ます

 

お昼休みに、市有林の頂上付近に行って見ました

標高200mらしいです

針葉樹林のため

見渡す限り紅葉はありません

 

足元の方にイノシシの罠(写真なし)と

芽生えた落葉樹が紅葉していました

 

 

少し休憩を挟んで

午後からモニタリング箇所の間伐に取り掛かりました

休憩してしまうと何となく怠くなって仕舞いますね

 

いつも通り

チェーンソーで伐ったヒノキを狭いヒノキとヒノキの間を無理無理引っ張って引き倒して行きました

 

 

結構な斜面なので

斜面に惑わされて

受け口の角度が斜めになりやすく 苦労でした

大先輩の指導が入ったりして何とかかかり木にしないで伐採出来て

大先輩に感謝です

 

受けも追いも教科書通りに出来ればヒノキはほゞ狙ったポイントに倒せるはずですが

 

密なので 左右の樹の間を頭が抜けないと倒れてくれませんね

 

ロープで引いて貰っているから

枝の角度が狭くなって、少しずつ向こう側に抜けて行ってるのが分かります

 

無事伐倒できました


だいたい4人くらいで組んで伐採しています

どの向きに倒したら上手く樹間を抜けるのか検討したり

ロープやワイヤー、プーラーの取付け・操作、伐採 などなど手分けして遣ってます

 

1人では厳しいかなと思います

何しろプロでは無い高齢者の集団なので、時間がかかっても安全に伐採する事が要求されてます

この日も無事終了、お疲れ様でした

 

 

 

 

最近晴れた日が多いので

くまねこが活性化しています

はい、アクティブになっております

 

地面の上に居るイメージが強いくまねこですが

 

モミジの木に入って渡り歩いています

 

見える所に出てきた 

けど

アレー、ポッコリお腹だね くまさんは

 

わっ跳んだ   アラララ またまたお腹が ダンブラ~ン

 

オカシイな 避妊してるからお腹に赤ちゃんが入ってるわけ無いしね

お腹 ボヨン



折角 紅葉しかけたモミジの木の上で格好良かったのに

お腹が ダンブラーン て

くまねこ可哀想すぎる

 

このお腹のダンブラーン(皮膚のたるみ、ルーズスキン)の正体は 皮膚 で健康上の問題は無いそうです。そしてライオンやトラ、ヒョウなどにもあるそうですよ

 

役割は猫飼いなら皆さんご存じの以下の3つだそうです

 ・外敵からお腹を守るため(お腹のたるみで血管や内臓に傷が到達する事を防ぐ)

 ・素早く動けるようにするため(皮膚が伸びることで足の可動域が広がる)

 ・お腹を保温するため(体温を維持する効果で腹巻と同じ機能)

 

中にはね、太って出っ腹に成ってる事(肥満)もあるそうですよ

猫を上から見た時にお腹の側面にくびれがあれば ルーズスキンだそうです

うちのくまねこ肥満の方かな ヤバイ

いやいや

 ルーズスキンとDEBUの両方兼ねてますな きっと

 

ではまた@

         f

ねこねこワクチン接種・健康診断 と 家庭菜園 

 

16日(水)に朝一で

 の 三種混合ワクチン接種  と 

はじめての 健康診断 に行って来ました

 

 

空は7年前の梅雨の頃に

海と一緒に

陸山母さんに連れられて

女将の家の庭に現れました

と~っても可愛い子猫で

陸山母さんのいう事などきかずに海と一緒に跳ね回っていました

2015年7月  左が空  右が海 (春生まれの子だと思う)

 

 

そして

月日の流れは非情にも

空を大DEBUにしました

イヤ 下僕のご飯の上げ方が悪く 大DEBUにしてしまいました

 

なので7歳の空は3種混合ワクチン接種だけでなく健康診断も受けて来ました

気になっていたのは、成人病です

糖尿病(DEBUですから)とか甲状腺とか腎臓病とか色々ありますよね

 

結果

血液検査や生化学検査は異常なくホッとしました

駄菓子菓子

DEBU(肥満)なので、ダイエットしなさいという事でした

でも8Kg台から7Kg台に減ったんですよ

此れから冬に向うので

果たしてこの儘うまく減量できるのか

難しいところです

昨年より代謝が落ちてきてる様に思いますので

飽きてしまったサプリ(エネアラ)を再開しようと思います

やはり

DEBUは万病の元ですからね

 

帰宅後空はチュールを食べて(だ~か~ら~太ると言っても1/2本)

家から跳び出して行きました

 

 

まずは、行先はウッドデッキの下で ペロペロして心を落ち着かせているようでした

 

その後

菜園を通って

 

興奮してのぼせ上がってたのか

冷たい土の上で身体を冷やしていました

「本当に酷い目ついた」と思っていたようです

 

 

くまねこは知ってか知らずかのんきに日向ぼっこしていました

くまねこの招集は1月ですから

 

家の中では 海と陸山母さんが二段重ねになっていましたが

チョッと緊張気味の海は落ち着きませんでした


みんな

車のエンジンがかかって

ケージのガチャガチャ音がすると

詰め込まれて行きたくない所に連れていかれるから

大嫌いなのでした

 

 

 

猫の遊び場 別名 家庭菜園 は

タマネギ定植の予定が近いので序でに少し整備もしました

 

最初に

未だ生りそうな気配のあるナスを抜きました。

梅雨の頃から沢山生って今年も大漁、有難い事です

今年最後の収穫です

 

 

細かい草を抜いたりした後

黒いタマネギマルチ張りをしました

 

残念ながら、何年やってもビニールが綺麗に張れたことは一度もありません

まっ 大丈夫という事にしましょう

 

植える予定の苗は大きくならなかったので心配です

ネキリムシに切られたり猫に蹴散らされたり ここまで育つだけでもハードル高かったです

 

草取りなどをしていると

やっぱりアラシが来ました、足元のビニールが凹んでるでしょう

何しろ重いんで

破れたら補修するまでですが

 

 

夕方

ボランティア仲間が、シイタケが育ち過ぎたとか言いながら

皆で作ってるシイタケを持って来てくれました

確かにデカいけど、肉厚なので美味しそうです

 

 

ではまた@

        f

掘るのか積むのか と ねこねこスリスリ

 

14日(月)に水戸のけやき台に所用で出かけた帰り道

三の丸庁舎のイチョウが黄葉してました

 

毎年通るとイチョウに惹かれて写真撮ってます

毎年毎年同じイチョウを撮っているので、ブログも同じ記事になります

だったら撮らなくてもいいのかな

なんて思いながら

 

 

写真撮り序でに水戸学の道あたりをテクテクしました

 

 

最初は 

三の丸の濠付近

イチョウスポットです

堀の上にイチョウがズラッと

丁度影が出来て濠の深さが見える化してました

空掘りです

黄色いモコモコが濠に沿って勢揃いでした

黄色く色付いたイチョウはやっぱり綺麗です

 

そして県立図書館入り口を挟んだ水戸警察署脇の土塁の上に乳柱がある大きなイチョウがあります。

古木になるとこの様な円錐状の突起が垂れ下がることがあるそうです

 

 

図書館入り口から濠の裏側・土塁の向こう側に回ってみました

 

ケヤキも黄葉して青空に映えてました

交通信号みたいに 赤 青 黄色

 

土塁の上は 他とは隔てられた固有の自然界が存在してるような感じがしました



その足で

三の丸から大手橋に向いました

奥に見えてるのが大手門(復元) 右側の白壁の中は茨城大学付属小学校になります

大手橋の上から 旧国道6号線が水戸市内へ向かいます

大きな濠でしょう 

二の丸と三の丸の間の大濠です


二の丸の水戸学の道をテクテクと

左側 水戸市立第二中学校  右側 国立茨城大学付属小学校

この時、なんと白壁の中から ♬情熱大陸♬ が聞こえて来たじゃありませんか 

どんどんあるいて 左に見えるのは杉山門(復元)


この先

本丸と二の丸に架かる本城橋です

 

本城橋から下を覗くと

JR水郡線です

此れ 水戸城本丸と二の丸の間の大濠なんです

深いでしょう

 

本城橋を渡って

本丸 現在県立水戸第一高等学校 

正門の中に土塁・本丸薬医門(現存)が見えてます

本丸の土塁から望む 大濠 

どこのジャングルだ。此処だけは紅葉の欠片もありませんが  深い

 

 

此処で 水戸城の濠の規模 です(数値的に正確ではないかもしれません)

 本丸と二の丸の間の濠  幅約40m 深さ22m  水郡線

 二の丸と三の丸の間の濠 幅約40m 深さ12m  旧六号国道

 三の丸西側の濠           深さ13m(変かも?) 

 

 良くは 掘った もんだ

 人力だけでなく自然の地形も利用したのかな

 

 

 

ところで 積んだ城 

伊賀上野城の本丸の西に築いた石垣 高さ30m 日本一

話には聞いていましたが石垣が高くて上から覗くと足が竦むほどでした

                           2007年 3月撮影

丸亀城高石垣  高さ20m以上で全国2位 

ただし4層に重なる石垣の総高さ約60mで日本一 

街の中心街から小高い山を見上げるような立派な石垣の城でした

                          2014年 5月撮影



なんとなく濠ばかり覗いていたら

石垣の上にあったお城がふと頭に浮かび 写真UPしてしまった

石垣のある城と空濠のある水戸城は比べられませんが

なんとも石垣の迫力には驚くばかりでした

 

 

 

再び三の丸に戻り

太陽が回って長い影を作らなくなったイチョウの黄葉を眺めて来ました

今年も黄色く色付いたイチョウを見ることが出来て眼福でした

 

私は只管 掘り掘り ホリホリホリホリ

 

 

 

 

 

くまねこが何かに気が付いてしまった

 

何か臭うようだ 

スリスリしなくちゃ

 

念のためコンクリにもスリスリしておこう

 

スリスリ しつこくグリグリ グリグリ


ここは私の縄張りなのだ 此れでヨーシ

 

では帰ろう


あっ 母さんが呼びに来た

 

今帰るよ


出歩いてると結構うるさいんだから もう寝てしまおう

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました

ではまた@

 

          f